お電話でのお問い合わせ

​土日・祝日除く   10:00~17:00

  • Facebook - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
RaiseLab,レイズラボ,ブランド立ち上げ,アパレルOEM

​京都市右京区西京極中沢町1-13

特殊ミシン-シームシーラーミシン

December 11, 2017

皆さんこんにちは。RaiseLab(レイズラボ)の近藤です。

今回も前回に引き続き特殊ミシンについてご紹介致します。

その名も【シームシーラーミシン】です。

聞き慣れない名前だと思いますが、昨今の最新素材を縫製するには欠かせないミシンです。

最近では各生地メーカーが耐水圧の高い生地をどんどんと開発しており、大雨や雪山でも水分が衣類の中に浸透することを防ぐ機能をもったものが増えてきました。世界の最高峰を目指す登山家の人々が着用しているウエアは20000mm程度で生地の上1cm四方に2mの水が乗っても水分を内側に通さない程の高機能です。それほど衣類の内部に水分が入ることは危険で命に関わるほどです。

しかし、どんなに高機能な素材でも、縫い目は存在します。

縫うと必ず針がそこを通りますので、その小さな穴から水分が内部に侵入してしますのです。これではせっかくの高機能素材も意味をなしません。

そこで登場するのがシームシーラーミシンです。

通常のミシンで縫製した縫製カ所をうらから、シリコン製のテープで針穴を埋めてしまうのです。

 

この仕様によって、はじめて高機能素材も力を発揮することが出来ます。もしシームシーラーがなければ、耐水圧が高い素材も宝の持ち腐れになってしまいます。

ミシンの形はとっても変わっていて、最大の特徴は針がないことです。すでにミシンではないのかもしれません。

 皆さんがお持ちのレインウエアはシームテープ始末がされていますか?ちょっとした事で、過酷な環境に赴いた際に運命が変わってしまうかもしれません。なんて大げさですが、一度裏側を見てみて下さい。作り手の工夫が施されているかもしれません。

レイズラボでは、シームテープを使用する縫製工場と提携しております。高機能ウエアの生産でお困りの方はお気軽にお問い合せ下さい。

 

ブランド立ち上げ,アパレルOEMのご相談はRaiseLab(レイズラボ)へ。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事