特殊ミシン-フラットシーマ

皆さんこんにちはRaiseLab(レイズラボ)の近藤です。

本日は衣服生産に欠かせないミシンについてご紹介させて頂きます。

家庭用ミシンをお持ちの方も少なくないと思いますが、縫製を本職とされている縫製工場で使用される工業用ミシンは、パワーはあるけど実は汎用性は非常に低い物ばかりです。家庭用ミシンなら通常の本縫いからメリヤス縫製で使用するオーバーロック、釦穴かがりや千鳥ステッチなど様々な縫い方が1台のミシンで出来ますが、工業用ミシンは1台1役が基本です。本縫いは【本縫いミシン】、オーバーロックは【オーバーロックミシン】、釦穴は【釦ホールミシン】とシャツ1着作るだけでも最低3台のミシンが必要になってきます。

ですから、通常の縫製工場はよく使うミシン【本縫い】【オーバー】等の代表ミシンしか無いことがほとんどです。

しかし弊社の協力工場は様々な特殊ミシンを所有しております。今回ご紹介するのは【フラットシーマミシン】です。

フラットシーマミシン

見るからに特殊な形をしたフラットシーマみしんの特徴は、縫い上がり時に縫い代が発生しない事で、名前の通り【フラット】に仕上がる【シーマ】縫い目なんです。

アメリカの軍隊に使用されていた下着などに用いられていた縫製技法で現在でもスポーツ衣料やベビー服など繊細な着心地を必要とする衣料に多く使用されています。

アメカジビンテージのブランドさんもこちらのミシンを使用して、ビンテージの復刻などを希望される事も非常に多く、弊社の協力工場は全てユニオンスペシャルのフラットシーマを使用しております。

ユニオンスペシャルとは・・・こちらはまた別の機会にお話しさせて頂きます。

たかが服ですがされど服。ものづくりは奥が深いです。

RaiseLab(レイズラボ)ではフラットシーマ縫製をご希望されるお客様にはミニマム50着より承っております。お気軽にお問い合せ下さい。

ブランド立ち上げ,アパレルOEMのご相談はRaiseLab(レイズラボ)へ。

#フラットシーマ #アパレルOEM #縫製 #ユニオンスペシャツ

201回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示